ホームページ作成・運営管理、PCマスター、室蘭市・登別市・伊達市その他近郊地域のご相談に応じています。

会議所冊子紹介

  • HOME »
  • 会議所冊子紹介

登別商工会議所発行ホームページ効果の冊子紹介

ホームページ作成で、あなたのお店の価値を飛躍的に上げるため

ページ -1-

IT時代に対応した、インターネット・HPの活用

いまや、多くの企業やお店がインターネットを活用し、自社ホームページ(HP)を立ち上げて業績向上の一助としています。古書店など、実際のお店での売り上げより、インターネット上の店を通した取り引きの方が多いケースもあるようです。作成・維持には費用もかかりますが、場所代・人件費などのかかる実店に比べ格段に安上がりのHPは今後の経営のために、考えるべき手段だと言えましょう。

認知度アップ・消費者の発見

HPを立ち上げる目的の一つは、自社の知名度を上げることにあります。
インターネットを活用する消費者は、自分が欲しいもの、欲しいサービスを探すため、パソコンの検索エンジンを使って調べるのが、ごく普通の購買活動になっています。
従って、出店場所に関わらず全国各地の消費者が自社のことを知るチャンスが一気に広がることになるのです。

情報の提供・信頼性のアップ

仮に、あなたのお店のことを聞いたことがある消費者がいたとしても、品揃えや価格など細かいことは知るよしもありません。
どんな雰囲気のお店なのか?サービスはどうなのか?店主は信頼できるのか?知りたいと思っても実際に店に出向いたり電話で問い合わせたりしないといけないのでは遠方の方は二の足を踏むことになります。
そこで、広告やDMなどで多額の費用をかけなくても自社のことを細かく具体的に伝えることができるのがHPなのです。

購買行動へつなげる

目的の商品やサービスがあり、お店が信頼できると考えれば、消費者はインターネット上で注文を出したり、実際にお店に足を運んだりしてくれることになります。
検索でヒットしたとしても、HPを見た消費者が購買活動に移るかどうかは、HPの内容に大きく関わっています。

誰に向けたHPとするかということを決めておくことは、より高い効果を得るためにもぜひとも必要なことです。

ページ -2-

独自のバーチャルショップ

独自のドメイン(次ページ参照)を取り、HPを構築するというやり方があります。
検索されやすいキーワードを数多く配し、視聴者が共感する情報をうまく表現できれば、大きな効果が期待でき、個店としての認知度も高まります。
自由にページを展開することができ、経費の許すかぎり凝った表現もできますから、効果は工夫次第だと言えましょう。
ショッピングモールへの出店と並行して進めるケースもあります。

ショッピングモールへの出店

いわば、インターネット上の仮想商店街といったところです。各ショッピングモールのルールに従い一定のフォーマットで自店を立ち上げます。 メリットとしては、ショッピングまでの誘導は、各運営母体が行ってくれるということ。集客についてはある程度保証されるということです。 閲覧者は、取りあえずショッピングモールのトップページまでアクセスして、自分の必要な商品やサービス部門に入ってくることになります。
大きなショッピングモールになるほどに集客力は増しますが逆に個店通しの競争も激しくなります。その中で以下に自分の店をアピールするかが課題でしょう。ショッピングモール運営母体に対する出展料やロイヤリティなどの経費もかかることになります。

「会社(店)の概要」:業種・取り扱い品目・住所・アクセス
「商品(サービス)解説」:品揃え・仕様・価格・割引情報等・問合せフォーム
「購入について」:発注フォーム・支払条件・個人情報取扱い
「信頼性を上げる情報」

ページ -3~4-

自店ホームページ作成のプロセス

パソコンさえあれば誰でもインターネットに接続することができるように、HPの作成も基本的には誰でもできます。最近はHTMLについての知識がなくても、専用のソフトで簡単作ることができるようになりました。しかし、問題はただ作ることではなく、効果があり見栄えの良いHPをいかに立ち上げるかということでしょう。自社でトライすることも結構ですが、外部スタッフを有効に活用することも検討すべきです。ここではそういう場合の基本的な流れをご紹介します。

ただ、流行だから、他でもやっているからということで、HPを立ち上げても長続きせず、無駄な投資に終わってしまいます。
自店の状態や特長をよく分析し、何を目的としてHPを運営するのか、ターゲットは誰なのか、誰が主体となって運営するのかなどを決定した上で適正な規模でのHPを構築した方がいいでしょう。外部スタッフに制作を委ねるにしても、このあたりが決まっていないと、満足できるものができあがるとは思えません。

目的・ターゲット・予算・HP運営にかけれるパワーなどに応じてHPのスタイルだいたい決めます。運営費などを支払ってもショッピングモールに出店する形式をとった方がうまくいくかもしれませんし、独自ドメインを取得してショップを立ち上げる方がいい場合もあります。また、HPの形式もオリジナルデザインに凝った多いページに展開することもできますし、最近増えてる「ブログ」を使ったシンプルなショップとして展開するやり方もあります。

ドメインとは
インターネット上の住所のようなもので、自社名を連想させやすいもの、覚えやすく入力などの手間がかからないものを選びます。レンタルサーバーを運営する会社などで取得代行をしてもらえます。.jp .com co.jp などがあります。

自社内だけで作れないとすると外部に制作スタッフを求めなければなりません。全部を委託することもできますし、企画や原稿作成は自社内で行って、HTML化のみというように一部を依頼することもできます。
下記のような専門スタッフにそれぞれ委託することもできますが、
一括して請け負えるスタッフに委ねることもできます。

 

スタッフ
・プロデューサー ・デザイナー ・プログラマー ・コーダー ・ライター ・カメラマン
ドメイン
・ドメイン取得業者
サーバー
・レンタルサーバー業者(共用サーバー・専用サーバー)
材 料
・コピー(文書) ・写真 ・自社名ロゴタイプ

まず、サイト全体の構造をイメージできるサイトマップを作ります。
リンク(ページとページのつながり)の仕方を確認し、必要な材料を整理します。

 

 

実際のデザインを決めます。
最初は紙面上のデザインの確認を行い、その後、仮にサーバー上に載せたものを画面上で見て、何度かやりとりをしてデザインを決定します。

 

 

できあがったHPはインターネット上に正式にアップロードすることになります。この時点から、誰でもHPを閲覧することができるようになるわけです。しかし、黙っていても多くの人が見てくれるわけではありません。
多くの人はHPを検索する検索エンジンを使って、自分の見たいHPを探すことになります。したがって、より多くの検索エンジンでヒットするように登録しておく必要があります。業者に依頼することもできますし、「検索エンジン登録ソフト」を使って自分で登録することもできます。

HPは印刷物に比べて、簡単に修正を加えることができるため、表示する情報について十分なチェックが行われず、間違った情報が掲示されたり、古くなったデータがそのままいつまでも表記されている例が見られます。これでは自店の注目度アップどころか信用失墜にもつながりかねません。
誤りを速やかに修正し、新しい情報を逐次掲載することが必要です。メンテナンス・更新については、業者に委託することも含めて、「どういう頻度で、誰が、どのように行うのか」をしっかり決めておくことが必要です。
また、問い合せをできるようなシステムにした場合、閲覧者からの問い合せや依頼に適切に応えられるように体制をとっておかなければなりません。

ページ -5-

自社サイト作成のスタイルと費用
ネット上にお店を出す方法は複数あります。
また、その出店方法によって必要な経費もサービス選択も異なってきます。いずれを選ぶかは、
●ターゲットや売りたい商品の分野
●かけられる費用や時間・スタッフ
●求める効果などにより決めなければなりません。
※ここで取り上げているサービスや料金はあくまでも一部の例です。最新の情報は改めてお調べください。

ショッピングモールへの出店

ネットショップを単独にオープンするケースの他に、楽天やLivedoor、yahooなどのショッピングモールに出店する方法もあります。出店料や売上げに対するロイヤリティが必要となりますが、集客を期待できるのがメリット。独自店と併用することもできます

●主なショッピングモール・カート機能利用比較

初期費用 月額基本料 前払い金 売上手数料 商品数
楽天※1 —– 50,000円 300,000円 2~4% 2,500個
Yahoo!
ショッピング※1
—– 39,800円 —– 0~2.8% 1,500個
ビッターズ —– 35,000円
—– 2.5% 3,000個
Livedoorデパート —– 18,000円 —– 0~3.3% 5,000個

※1 スタンダードタイプの場合

レンタルサーバ-

できあがったHPはいずれのサーバー(ハードデスク)に常駐しておかなければなりません。
自社にサーバーを置くこともできますが、費用と特別な知識が必要なため、一般的にはレンタルサーバーを利用します。専用サーバー・共用サーバーがあり、容量・サービス内容により料金には差があります。

●主なレンタルサーバー(共用サーバー)の比較

ディスク容量 初期費用 月額利用料 アドレス数 独自ドメイン
WADAX 1GB
~10GB
3,000円※1 1,950円~ 無制限 2,500個
 NTT
スマートコネクト
300MB 5,250円~ 2,110円~ 無制限 1,500個
SPI 10GB
~50GB
21,000円 3,990円~ 無制限 3,000個
SpeeVerト 200MB
~3.5GB
10,500円 1,785円~ 200
~無制限
5,000個
リンククラブ
L.H.S
1GB 900円 3,700円~ 200
~無制限
5,000個

※1 年払いなら無料

ネットショップ開業サービスの利用

商品を複数掲示して、注文を取り、品物を発送するというネットショップはだいたい一定のパターンに則っています。商品のカタログの作成、注文フォーマット、買い物カゴのシステム、決済のシステムを揃え、売上げ分析までをひとつのパックにして提供する開業サービスを使えば、フォーマット通りに商品データや写真を入力することで、容易にネットショップを開業できるようになっています。
フォーマット選択によるデザインですから、独自性を打ち出すことは難しいですが、HPについての詳しい知識は必要ありません。契約すれば、一定量の範囲内なら、サーバーを別に用意する必要もありません。

●主なネットショップ構築ASPの比較

初期費用 月額基本料 売上手数料 商品数
おちゃのこ(独自ドメイン) 6,000円 2,000円 ~5,000個
One Styli Shop 無料 1,500円 -3.8%
上限10,000円
~1,500個
ALLin1スタンダードS 21,000円 5,250円 100MB
容量内
ショップサーブ 69,800円 9,800円~ ~3,000個
まるごとEC
スタンダードプラン
無料 42,000円~ ~500個

※それぞれのサービスには、上位・下位バージョンがあります。

ページ -6-

簡易ホームページ作成サービスの利用

レンタルサーバーを提供しているようなところでは、そこに常駐させるHPの作成についてもいろいろなサービスを提供しています。
複数のテンプレートから簡単にHPを作成できるプランもあります。

●主なホームページ作成サービス

サービス内容
NTTスマイルサーバー 90種のテンプレートから選んで簡単に作成可能
カゴヤ・インターネット・ルーティング HP製作代行(有料)
J-NET(プランS) ドメインサーバー・サーバー代とHP4ページまで作成80,000円

 

ブログによるホームページ作成

最近は、ブログと呼ばれる「日記型」のHPを個人で作成するケースが増えていますが、工夫次第で一般のHPと同じような表現ができるようになっています。
ニフティやOCNなどのプロバイダーが無料で作成サービスを提供しており、料金を支払うことでより高度な作成も可能となっています。

作成委託の費用

HPをオーダーメイドで1から作成してくれる専門スタッフがいます。彼らに委託することで、技術的なことは一切わからなくてもHPを立ち上げることはできます。
経費は何をどういった内容で、どのくらいのボリュームで作成するかで決まってきます。

●見積もり項目

以下は、制作外注スタッフから出される見積もり項目とその料金のあくまでも一例です。詳細については必ず相手先の説明を受けてください。

基本料金
10,000円/1P
※特殊な加工を除いて全てを合算して1ページあたりのデザイン料金を掲示する例
企画料
5,000円/1P
※打ち合わせからサイトマップ作成までの料金
トップページ作成料
30,000円/1P
※デザインが一般的に細かく、高いデザイン性が要求されるため、他ページと分けて見積もられる場合があります。
フォーマット作成料
30,000円/1P
※商品紹介ページなど同じパターンのページが展開される場合、元となるページの作成料金を計上し、その他の同じパターンのページを安く見積もる場合があります。
HTML作成・コーティング料
5,000円/1P
※決定したデザインをインターネット上に掲示できるようにHTML化する技術料金です。
CGI導入費
※注文管理やカード決済を行うためのプログラム導入のための費用です。既存のものを使う場合とプログラミングする場合があります。
写真スキャン料
1,000円/1枚
※プリントの写真をHP用にスキャンするための技術料
ロゴ作成料
20,000円/1P
※会社名やサービス名などのロゴを作成する場合。
動画作成料
50,000/1P
※FLASHなどのソフトを使って動画を作成する場合。
ページ更新料
3,000円/1P
※オープン後の更新・メンテナンスにかかる費用です。ページ数ではなく、月額といった契約を求められる場合もあります。

●見積もり表の一例

単価 数量 小計
トップページデザイン 30,000円 1 30,000円
フォーマット作成 30,000円 1 30,000円
フォーマットページ 5,000円 37 185,000円
HTML作成 5,000円 38 190,000円
写真スキャン 1,000円 50 50,000円
FLASH作成 50,000円 2 100,000円
合計 585,000円

 

自作・作成ソフトの活用

ホームページは、HTMLと呼ばれる言語によって作られています。従ってWОRDなどワープロソフトがあれば無料で作ることができますが、「ホームページビルダー」などの作成ソフトを購入すれば、HTMLのことを知らなくても作成することができます。

主なソフト
ホームページビルダー
DREAMWEAVER
Adobe GoLive
フロントページ
ホームページNinja
Web Design Works

この他に、写真・動画・イラストなどを作成するソフトが必要になる場合があります。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0143-82-2270 AM9:00~PM5:00

sidemenu01

sidemenu02

sidemenu03

sidemenu04

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © PCマスター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.